加齢とともに気になるたるみやほうれい線【老化現象を改善しよう】

医師

化粧品でアンチエイジング

顔を触る人

正しく化粧品を選ぼう

たるみ・ほうれい線があると、老け顔に見える大きな原因となってしまいます。これらは加齢とともに頬の筋肉が下がり、顔がたるんでくることにより起こる老化現象の1つです。そんな女性を悩ませるたるみ・ほうれい線ですが、適切なアンチエイジング化粧品を選ぶことで対策ができます。肌の老化の大敵、それは「紫外線」と「肌の乾燥」です。言い換えればこれらの対策を行うことで、肌の老化を緩やかにし、たるみやほうれい線を食い止めることができるのです。紫外線は肌を老化させる大きな原因となっています。紫外線といえば、夏だけ気をつけていればいいと考えている人が多いかもしれません。しかし、紫外線は季節問わず1年中降り注いでいるので注意が必要です。外に出る時間や紫外線の量に応じて日焼け止めクリームや日焼け止め効果のある化粧下地などを使い分けましょう。汗や水などで落ちやすいものですから、何度も塗り直すことも大切です。そして、寝る前には必ずきちんと日焼け止めを落としてあげましょう。また、サングラスや帽子、日傘など、日焼け対策のためのグッズを併用することもおすすめです。たるみ・ほうれい線ができるのは、肌の乾燥にも関係があります。乾燥することで肌の新陳代謝が鈍くなり、老廃物などが蓄積することで結果的に老化につながります。そのため、「肌のハリ」や「保湿」をメインに化粧品を選んであげると良いでしょう。アンチエイジングのための化粧品はたくさんの種類が市販されているので、どれを選べばよいか分からなくなるかもしれません。そんなときは、トライアルセットでまず試してみることをおすすめします。まずは短期間試してみて、予算にあわせて自分の好きなものや目的にあったものを選んであげましょう。たるみやほうれい線対策のための化粧品選びについて説明してきました。ただし、いくら肌の対策をしたからといって、不健康な生活をしていれば、効果も薄れてしまいます。ここで紹介した肌対策に加え、睡眠や食事、規則正しい生活を心がけることで対策も功を奏するでしょう。